親知らずは歯科と口腔外科どちらで抜くべき?

歯科と口腔外科、親知らず治療の場合はどっちに行けば良い?

歯科と口腔外科、どちらを選ぶ?

今回は親知らずと歯科、口腔外科についてのお話ですが、知らない方のためにまずはそれぞれの説明をしましょう。 親知らずって一体何? 歯科と口腔外科にはどんな特徴があり、どんな違いがある? こちらのページでは、親知らずの概要と、歯科と口腔外科の違いについて、記載させていただきました!

歯科と口腔外科の治療の違い

親知らずと医療機関について知れましたが、親知らずを治療する際、口腔外科と歯科にはどのような違いがあるのでしょうか? 歯科の治療はどのような程度で行われる? 口腔外科が引き受けてくれるのは? こちらのページでは、歯科と口腔外科の親知らず治療の方法について、記載させていただきます。

親知らずの脅威と治療の際の注意点

親知らずの治療などについて知りましたが、親知らずにまつわる注意についても知っておいた方がいいでしょう。 親知らずを放っておくとどうなる? 治療の際にはどんな注意を? こちらのページでは、親知らずを放っておく危険性についてと、治療の際の注意点について、記載させていただきました!

おすすめリンク

仕事帰りに関市の眼科に立ち寄る

目の疲れも眼科に相談をしよう!関市には仕事帰りに気軽に立ち寄れる眼科があります!

全身脱毛は渋谷の若者のたしなみ

全身脱毛してますか?今渋谷の若者たちのたしなみとして全身脱毛が人気らしいですよ!

インプラント治療を千葉市内で行いたい

インプラント治療をお考えですか?千葉市内で治療に対応してくれる歯科クリニックをまとめました!

子どもからお年寄りまで利用者多数!堺市の歯医者さん

幅広い年齢層に対応するのに大事なのはこんなポイント!堺市の歯医者を調べて分かったこと。

おすすめポイントは?高円寺の歯医者

患者さんが年々増加の人気のクリニック!高円寺の歯医者に人気の秘密を聞いてきました!

親知らずの概要と歯科と口腔外科の違い

食べる、噛む、話す等、口にまつわる行動を取る際に必要な部位と言えば歯。
その歯の種類の中には10代後半~20代の内に『親知らず』と呼ばれる物が生えてきます。
その親知らずが正常に生えなかった場合、治療や抜歯が必要となってくるのですが、その治療を行う際、歯科と口腔外科、どちらが適しているのでしょうか?
今回は、そんな親知らずの治療で歯科と口腔外科、どちらへ行けばいいのかということについてです。

まず、歯科は歯の治療を主流とした治療をする場所で、口腔外科は口内と口の周りを主流とした治療をする場所。
親知らずはどんな視点から見ても『口のトラブル』ですので、治療という観点では合致しているため、歯科でも口腔外科でも、どちらでも治療の対応ができるようになるのです。

しかし、歯科と口腔外科では親知らずの治療でできる範囲が違うのです。
歯科の場合の治療は、そこまで複雑ではなく、真っ直ぐ歯が生えた場合に、炎症や虫歯の際の治療を行います。
そして、口腔外科の治療の場合は、真っ直ぐには生えず、歯茎や親知らずに異常が出た際に治療を行うことが多く、歯科の病院では出来ない程の症状の場合は、口腔外科への紹介をして貰える場合があります。

では、親知らず治療の場合、歯科か口腔外科、どちらへ行けばいいのか?という問題の結論としては『軽度なものは歯科、対応できなそうか場合は口腔外科』というのをおすすめします。
しかし、自分の親知らずが軽度なのか重度なのかがよくわからないという場合、診断の結果が重度であれば、口腔外科や大学病院等を紹介して貰えるので、まずは歯科を受診してみましょう。

その他、親知らずと歯科、口腔外科に関する情報は、別ページにて記載させていただいております。