歯科と口腔外科、親知らず治療の場合はどっちに行けば良い?

>

歯科と口腔外科の治療の違い

歯科の場合の治療

親知らずを治療する際、歯科の場合はどのような治療をするのでしょうか?

そもそも、親知らずは歯医者でも口腔外科でも抜けます。
しかし、歯医者の場合は基本的に、親知らずの状態がまだ比較的軽い時が多いです。
親知らずが真っ直ぐ生えていて、下顎管と呼ばれる器官に接していなかったり等、そこまで複雑な生え方をしていなければ、歯医者で抜くことは可能のようです。
根本が複雑に入り込んでいるような難しい抜歯でない限り、凄腕ではない一般的な歯医者さんでも、抜歯などの対応が可能となります。
ただ、根本に接触していたり、親知らずが歯茎の中に埋まってしまっていたりすると、歯医者さんでも対応が難しくなってしまうため、歯医者経由から口腔外科に紹介を出されることがあるようです。

口腔外科の場合の治療

それでは、口腔外科の治療の場合はどうなのでしょう?

別ページでも記載しましたが、口腔外科でも歯医者でも、親知らず自体は抜いてくれます。
しかし、口腔外科ができる親知らずの抜歯の治療は、外科的な処置を必要としている程の親知らずが前提です。
親知らずが普通に生えていたり、真っ直ぐに生えていたら歯医者だけで良いですが、根本から複雑に神経がいりくんでいたり、曲がっていたり、歯茎の中に埋まってしまっていたりすると、歯茎を切ったり、骨を削らなければならなかったりと、外科でするような処置を行わなければならなくなるので、口腔外科を利用しなければなりません。
ちなみに基本的には、局所麻酔で処置を行う場合が高いようです。
それでも、親知らずの状態が希にみる複雑さになっていると、クリニックではなく大きな病院へと紹介されるようです。


この記事をシェアする