歯科と口腔外科、親知らず治療の場合はどっちに行けば良い?

>

親知らずの脅威と治療の際の注意点

親知らずを放っておくと…

親知らずの治療の大きな特徴は『痛みが伴う』と言うものが大きいです。
そんな痛みを伴いたくないがために親知らずを放っておくという方法はどうなのでしょう?

親知らずを治療しなければならない場合の特徴は『炎症』と『虫歯』です。
親知らずが真っ直ぐ生えなかったり、歯茎の中に埋まっていたりすると、炎症が起きるわけなのですが、それがあまり痛みを伴わないという場合もあります。
少しチクチクするだけだから、放っておいても自然治癒で大丈夫だろう…というのは、間違いです。
痛みはまず人それぞれなのですが、親知らずによる炎症が密かに進行するのは同じ。
もしも進行していけば、歯周病菌や虫歯菌等の細菌が炎症による口から体内へと入り、それが身体を蝕んでしまい、最終的には、口内だけならぬ全身に死をもたらせてしまうのです…。
大袈裟に思えてしまいますが、真実です。
親知らずには十分に注意しましょう。

親知らず治療の注意

さて、親知らずを治療する際、どのような注意を払えば良いのでしょうか?

やはり、まず親知らず治療のイメージで浮かぶ物と言えば『痛み』のイメージかと思われます。
治療中は局所麻酔が行われるので痛みはないと思われますが、術後というのはやはりじわじわと痛みや腫れが出てきてしまう可能性があるのです。
そのため、一番注意しなければならないのは『術後の対策』だと思われます。
かさぶたができるまでに、どのように対処すれば良いのか、どのような物を接種しないようにすれば良いのか、そのようなことを歯科または口腔外科の先生からしっかりと聞いておくことを忘れないようにしましょう。
そして、どうしても痛みが引かないときは、腫れた頬を冷やすのもありですが、お医者様から痛み止めを貰えますので、困ったときはしっかりと相談しましょうね。


この記事をシェアする